ホーザン株式会社ロゴ

導電性カラーマット・シートの表面が黒色のものはありますか?

弊社のマットはグリーン、グレー、ライトブルーの3種類のみでブラック(黒)のラインナップはございません。下記カラーマット選定表にカラーラインナップ一覧がございます。カラーマット選定表https://www.hozan.co.jp/esd/mat/standard/standard.htmlF-731 静電気対策シート 、F-733導電性シートは共にブラックです。TOP > 製品情報【静電気・ク...

導電性カラーマット・シートの難燃性についてUL94の規格を取得していますか?

当社導電性カラーマット・シートはいずれもUL94規格を取得していません。また、導電性フロアマット・導電性クッションマットも難燃性ではなく、UL規格も取得していません。

裏面に粘着テープ(両面テープ)があらかじめついている導電性カラーマットはありますか?

F-731 静電気対策シートをご検討ください。 粘着剤付きの製品で、導電性カラーマットと同様にお使いいただけます。 なお、導電性カラーマットには粘着剤付きのラインナップはなく、別途両面テープ等をご用意いただく必要がございます。マットの施工方法につきましては下記をご参照ください。静電気対策の森 導電性カラーマットの施工方法 製品情報 F-731 静電気対策シート

導電性カラーマットのカットのみの依頼は可能ですか?

カットのみのご注文はお受けいたしておりません。お客様側でカットをお願いいたします。マットの敷設方法を解説したページは下記URLをご覧ください。静電気対策の森 > マットの施工方法https://www.hozan.co.jp/esd/mat/knowledge/knowledge.html

導電性カラーマットの縮みを防止する方法は?

素材の特性上、温度変化や経年変化により縮みや反りはどうしても発生してしまいます。素材や厚み、環境により縮みの程度に差はありますが、・施工前に巻きぐせを取るため24時間伸ばした状態で放置する・貼り付ける際に外周だけでなく、格子状に両面テープを貼る上記の対策をされることである程度の縮みを抑えることが可能です。マットの敷設方法を解説したページは下記URLをご覧ください。静電気対策の森 > マットの施工.

導電性カラーマットの交換目安(耐久年数)はありますか?

一般的に3~5年程度は十分使用可能です。ただし、マットの劣化は環境的な要因が大きいため、使用方法によっては上記よりも短く、また適切に使用して頂ければ上記よりも長くお使い頂ける場合もございます。特に劣化を促進する原因として以下が挙げられます。・日光(紫外線)に当てること・水やIPA、シリコンを含む洗浄剤、パーツクリーナーなどでの掃除経過時間では一律にマットの劣化を測ることは出来ません。また、劣...

マットの反りを予防する方法は?

できるだけ蛍光灯や太陽光の紫外線を避け、マット表面が乾燥しすぎないよう水拭きやアルコール拭きをし過ぎないようご注意ください。清掃の際はマットに優しいマットクリーナーをご使用ください。Z-276マットの導電性能を損なわずに、表面に付着した埃やオイル、フラックスなどの汚れを除去します。安心のシリコーンフリー。TOP > 製品情報【メンテナンス・安全用品】 > Z-276Z-276 マットクリーナー

導電性カラーマットを施工するにあたりアース線などでアース(グラウンド接続)する必要はありますか?

導電性カラーマットの性能、効果を発揮するためには必要です。施工方法は下記URL<マットの施工方法>にて詳しく紹介いたしております。https://www.hozan.co.jp/esd/mat/knowledge/knowledg...

導電性カラーマット・シートの材質について教えてください。

下記リンクの材質覧表をご覧ください。https://www.hozan.co.jp/esd/mat/standard/standard.html

導電性カラーマットの施工において単位面積あたりのアース施工基準等はありますか?

アースの幹線への接続について規格では特に指定はありません。塗床、貼床でも1セクション(連結している1まとまり毎)に1カ所若しくは2カ所が多くみられます。これは2カ所必ず接続しなければならないというよりも、バックアップ的な意味合いから来ていると思われます。下記は床への長尺マットの敷設方法を解説したページです。導電性カラーマット 特設サイト マットの施工方法https://www.hozan.c...