H-722 / H-728 / H-722-P / H-722-500​​ フラックスの役割や使用方法について

H-722 / H-728 / H-722-P / H-722-500 フラックスの役割や使用方法については以下をご参考ください。 ※フラックスは適切な活性温度内に熱することで酸化被膜の除去などの役割を果たします。 フラックスの種類によっては活性する温度範囲が異なるため、作業温度に適したフラックスをお使いください。 ※弊社フラックスは全て電子部品ハンダ付け用のフラックスになります。金属用フラ...

SDS(MSDS)を入手したい。

SDS(MSDS)は下記URLより入手いただけます。TOP > サポート&サービス【製品資料・証明書:SDS(安全データシート)】https://www.hozan.co.jp/form/37.html※在庫終了品、在庫限りの製品の書類は基本的に更新されません。ご了承ください。※SDS(MSDS)の発行要件・・・通常の取り扱いにおいて、液相、気相、粉状又は粒状になる製品に限ります。固形物や密封され

Z-293 フラックスリムーバー が乾燥するまでにかかる時間は?

刷毛を使用して基板表面に塗ったものが乾くまでの実測値です。温度:26度 湿度:58% (ただし、エアコンが25度設定で動作している室内にて)乾燥時間:約15分※乾燥時間は室温や空調等の外部環境によって変わります。あくまで参考値としてお考え下さい。

Z-293 フラックスリムーバー に使用期限はありますか?

開封後は洗浄液の酸化や成分の揮発などにより、少なからずとも劣化します。キャップをしっかり締め冷暗所保管いただき、1年以内を目処に使い切ってください。また移し替えた液を缶に戻すようなことは避けてください。製品情報 Z-293 フラックスリムーバー

フラックスクリーナー Z-275 と フラックスリムーバー Z-293 の違いは?

Z-275・・・噴射剤が入っており、エタノールを含むため速乾性に優れます。Z-293・・・遅乾性で完全に液体のため結露が無く綺麗に仕上げることが可能です。詳細は下記URLをご覧ください。TOP > 製品情報【メンテナンス・安全用品】 > Z-275https://www.hozan.co.jp/catalog/Maintenance_Tools/Z-275.htmlTOP > 製品情報【メン...

Z-275 フラックスクリーナー と Z-293 フラックスリムーバー は同成分ですか?

Z-275とZ-293は成分が異なります。詳しくはSDSで成分をご確認ください。TOP > サポート&サービス【各種製品資料:SDS(安全データシート)】https://www.hozan.co.jp/form/37.html

Z-293 フラックスクリーナー はオゾン層破壊物質(ODC)に該当しますか?

Z-293 フラックスクリーナー にはオゾン層に影響のある物質は使用していません。詳細は下記URLよりSDSをご確認ください。TOP > サポート&サービス【各種製品資料:SDS(安全データシート)】https://www.hozan.co.jp/form/37.html

各スプレーの小箱と大箱の入数は?

品番製品名小箱入数大箱入数 Z-293 フラックスリムーバー10無し Z-276 マットクリーナー116 Z-292 帯電防止クリーナー1080 Z-275 フラックスクリーナー1040Z-272PCボードプロテクター1080Z-286急冷剤1040Z-281急冷剤1060Z-285急冷剤1030Z-294 オーバーホールクリーナー 1040Z-295コンタクトスプレー1030Z-284エア...