ホーザン株式会社ロゴ

SDS(MSDS)を入手したい

当社製品のSDS(Safety Data Sheet : 安全データシート)は下記リンクより閲覧・ダウンロードいただけます。サポート&サービス > 製品資料・証明書 > SDS(安全データシート)※SDSの閲覧・ダウンロードには、会員登録・ログインが必要です

廃番品のSDS(MSDS)の最新版を入手したい

生産を完了した製品(在庫終了品、在庫限りの製品)のSDSは原則として更新しておりません。ご了承ください。サポート&サービス > 製品資料・証明書 > SDS(安全データシート)※SDSの閲覧・ダウンロードには、会員登録・ログインが必要です

SG-106 サンドブラストに純正(ホワイトアルミナ)以外の研磨材は使用できますか?

可能です。ただし、SG-118-60 研磨材(白色アルミナ(WA)、粒度#60)よりも比重や粒径が大きいものは注意が必要です。比重が重いと研磨材を吸い上げることができず、粒径が大きいとノズルを詰まらせてしまいます。純正以外の研磨材では、ガラス系(ガラスビーズなど)や、植物系(クルミなど)、樹脂系(メラミンなど)のような、比重が軽い研磨材でしたらご使用いただけます。ノズルを詰まらせないよう、粒...

英語版のSDS(MSDS)はありますか?

当社のSDSは和文のみをご用意しております。英文のご用意はなく、有償での作成も対応いたしかねます。ご了承ください。サポート&サービス > 製品資料・証明書 > SDS(安全データシート)※SDSの閲覧・ダウンロードには、会員登録・ログインが必要です

SG-106サンドブラストを使用中に研磨材の吐出量が減りました。

●研磨材の量が減っていませんか。 研磨材の量が減ってきて、吸い上げパイプの先端が研磨材の中に届いていない場合、研磨材を吸い上げることが出来ません。 研磨材を追加する、ボディ内部に溜まっている研磨材をボトルに戻すなどの対処をしてください。●研磨材が吸湿し、流動性が悪くなっていませんか。研磨材を手で触ってみてサラサラと流動性が良くなければ研磨材が湿っている可能性があります。適当な容器などに研磨材...

SG-106 サンドブラスト 研磨材の粒度とは何ですか?

粒度は研磨材の粒の粗さ・細かさの度合いを数字で表したもので、番手とも呼ばれます。 "#" が数字の先頭に付き、この数字が大きくなるほど、研磨材の粒が細かくなります。 参考:研磨材(ホワイトアルミナ)の拡大画像 研磨材の粒が大きいほどワークの表面を早く削り取れるため、作業性は良くなりますが、表面の仕上がり具合は粗くなります。 作業性と仕上がり具合を検討したうえで、最適な粒度をお選びください。 ...