圧着工具の修理・点検は依頼できますか?

<修理について>こちらのページより有償にて承ります。修理内容はラチェットやバネなど基本的な機能を改善する目的に限ります。点検項目の改善を目的とした修理(ヘッドの磨耗、ハンドルの交換)は基本的にお受けしておりません。<点検について>JIS規格品(P-732 / P-75 / P-77 / P-737 / P-738)については外観や、動作などに不具合箇所がないかを確認する点検結果表の発行が可能です。

工具の日常のお手入れ方法はどのようにすればよいですか?工具の日常のお手入れ方法

防錆油、潤滑油などを使用して錆を防いで、摺動部の動きをスムーズに保つことがポイントです。 <お手入れ方法>①ニッパーの汚れをブラシやウエス等でふき取る。 工具が錆びている場合はZ-215錆取り・潤滑油で錆を除去しましょう。 ②金属の摺動部分にZ-215錆取り・潤滑油を塗り、摺動部を可動させて奥まで染み込ませる。 錆びが浮いてきた場合は拭き取り、再度塗りなおしましょう。 ※金属部分以外には塗ってはい

圧着工具P-732を使っているが、P-722との違いは?

P-722には成形確認機構がついていないため、JIS規格に適合していません。成形確認機構がないため、圧着途中でハンドルを開くことが出来ます。また、P-722にはグリップ根元に電線のカッターと被覆ストリップ用穴が設けられていますので電線のカット、ストリップ、圧着が一つの工具で可能です。なお、ハンドルを完全に閉じることで、JIS規格品同等の圧着力を得られます。 P-722製品詳細ページはこちら P-7

クリンプハイトゲージ(ピンゲージ)は販売していませんか。

当社ではクリンプハイトゲージを販売しておりません。クリンプハイト値の計測には市販されているピンゲージをご使用ください。市販されている鉄工用ストレートシャンクのドリル(キリ)でも、およそのクリンプハイト測定ができます。シャンクをピンゲージ代わりにして、測定して下さい。

圧着工具のハンドルが開きません(圧着工具のハンドルの開き方)

成形確認機構が付与されている圧着工具は、ハンドルを強く握ることで開くことができます。初めて当社の圧着工具を手にされる方は、壊れてしまわないかと不安を感じられるかもしれませんが強くハンドルを握って下さい。規定の圧力に達したところでラチェットギアが解除され(カチンと音がしてわずかな手ごたえがあります)、手を緩めることでハンドルが開きます。ハンドルを閉じるときは、必ずハンドルを一度全開にしてから閉じて下

圧着工具のバネが折れました。部品購入は可能ですか?

供給可能な部品は下記リンク先にてご確認頂けます。 部品価格表はこちら掲載されている部品以外は、構造上重要な部品ですのでお客様での交換は推奨いたしておりません。修理での対応となりますので、お買い上げ頂いた販売店様や代理店様へご依頼下さい。見積もりにかかる費用は無償です。修理不可能な場合も御座いますので事前にご了承下さい。弊社通販サイトからも修理受付しております。詳しくはこちらのページをご確認ください

圧着工具のダイス部分は交換できますか?

ダイス部分の交換はできません。また、ダイス単体での販売も行っておりません。

圧着工具(新品)のハンドル動作がかたい。正常ですか?

新品の場合、リングやピンがかたいことは正常です。しばらくお使いいただくことで少しずつなじみ、軽くなります。

裸圧着端子・裸圧着スリーブの対応サイズを教えてください。

P-726 0.3,0.5,1.25,2 mm2P-732・P-722 1.25,2 mm2P-75 1.25,2,5.5,8 mm2各製品の詳細は下記URLをご覧ください。-726 https://www.hozan.co.jp/catalog/Crimpers/P-726.htmlP-732 https://www.hozan.co.jp/catalog/Crimpers/P-732....

成形確認機構(ラチェット)付きの圧着工具はどれですか?

Φ F型コネクター用 P-740 圧着工具 6.5 / 9.2 2.1 BNCコネクター用 P-741 圧着工具 6.8 / 9.0 1.75 成形確認機構の付いていない圧着工具は下表です。 品番/品名 適応サイズ 適応端子 P-722 圧着工具 1.25 / 2 裸圧着端子・裸圧着スリーブ(B・P)用 P-704 圧着工具 1.25 / 2 / CE1 / CE2 裸圧着・絶縁端子・絶縁閉...