金切鋸(K-128) の 替刃(K-129S-1) の取り付け穴のピッチ・全長は?

弊社のK-129S-1替刃の穴のピッチは250mmです。JIS規格のなかの附属書にて、呼び寸法250mmの替刃について規定されており、一般的に呼び寸法250mmとして市販されている替刃も多くがこれに適合します。弊社のK-128金切鋸は、呼び寸法250mmの一般的な替刃に適合するよう設計いたしております。また、刃の全長は実測値となりますが約260mmです。

K-128金切鋸 刃の取り付け方法(交換方法)使い方

①グリップを回して緩め、手元側のピンを前方にスライドさせます。②両方のピンに刃を掛けて取り付けます。(押した時に切れる向きに刃をセットします)③グリップを締め込み刃を張ります。④ 切る時は押す時に力を込め、引く時は力を抜いてください。 ※引く時にも力を込めると刃がすぐに切れなくなりますのでご注意ください。⑤ 金属(鉄やアルミ)を切る場合にはZ-217 切削油をご使用ください。

K-128 金切鋸 でアルミの切断は可能ですか?

可能です。替刃 K-129S-1 もアルミの切断に対応しています。