ホーザン株式会社ロゴ

ハンダゴテ温度計のセンサの使用回数・交換目安は?

当社のハンダゴテ温度計のセンサには交換時期の目安等は設定しておりません。基本的には断線するまでご使用いただけますが、測定温度が極端に低いなど異常が有る場合はセンサを新しいものへ交換してください。測定時はコテ先でセンサを強く押さえすぎないでください、断線の原因となります。ご使用に伴い、センサ部分にはフラックス成分や酸化したハンダが堆積しますので、定期的にハンダ吸取線やフラックスクリーナーなどを使用し

温度計のセンサの校正証明書の発行はできますか。

各種温度計のセンサについては校正証明書の発行ができません。当社では温度計本体についてのみ校正証明書の発行を承ります。なお、校正証明書の発行は有償となりますので、費用はお買い上げいただいた代理店様へお問合せ下さい。

最新のソフトウェアを入手したい。

下記URLより最新のソフトウェア及びドライバーソフトをダウンロードしていただけます。ダウンロードはこちら※moticam1000というUSBカメラは弊社の品番ではL-825/L-826/L-830/L-831のどれかになります

ハンダゴテ温度計のセンサの違いはなんですか?

熱電対の種類と素線の幅が異なります。使用するハンダゴテ温度計の種類によって下記の2種類からご選択下さい。アナログ用とデジタル用に互換性はありません。●アナログ用 H-756センサ/H-758センサをご使用下さい。 E種熱電対。●デジタル用 H-763センサ/H-768センサをご使用下さい。 K種熱電対。 H-763 / H-756 H-768 / H-758

表面抵抗計や計測器の校正はどの程度の周期で行えばよいですか?校正期限などはありますか。

校正の有効期限について基準はありません。また、校正期限もありません。ユーザー様において任意の校正周期を設定してください。例えば、当社の校正業務に使用する標準器は、一年に一度の定期校正を実施しております。

確度表示に使われているdgtの意味は?

dgt は digit の略で、分解能(最小単位)を表します。他にも dig や digits と表記されることがあります。例えば、計器の表示が5.00℃の表示で確度が±2dgtの場合、測定値(読みとり値)の最少桁が0.01であれば、精度は±(0.01×2)=±0.02℃となります。

確度表示に使われているrdgの意味は?

rdg は reading の略で、計器が表示している値の読みとり値のことです。他にも of rdg や R.D. などとも表記されることがあります。例えば、計器の表示が2.00℃で確度が±0.8%rdgの場合、精度は±(2.00×0.008)=±0.016℃となります。

ハンダゴテ温度計のセンサが断線しました。修理は可能ですか?

修理不可能です。消耗品ですので新品のセンサに交換してください。 デジタル用センサ(K種) H-763/768 アナログ用センサ(E種) H-756 アナログ用センサ(E種) H-758

以前に購入したハンダゴテ温度計についてトレーサビリティ関連の書類は入手(再発行)できますか?

新規の校正、過去の校正結果の再発行問わず有償にて承ります。最寄りの販売店様、代理店様までお問い合わせください。

国家標準にトレースされた校正証明書は入手できますか?

当社で行う全ての校正サービスは、国家標準にトレースされております。