ホーザン株式会社ロゴ

F-235アースラインチェッカーの校正や定期点検はどの様にしたら良いですか。

当製品は測定器ではありません。従いまして校正サービスは承っておりません。日常の点検方法は、下記をご参照ください。

壁のアース端子が有効なのか確認したい。

F-235アースラインチェッカーを使用することで確認することができます。EPAグラウンド設備やEBP(グラウンド接続点)の有効性を手軽にチェックすることができます。 F-235詳細ページ※F-235はネオンランプが点灯するしきい値がありませんので接地の有効性を完全に判断できる測定器ではございません。※静電気対策における接地の規格は接地抵抗100Ω以下であるJISのD種接地をご参照ください。※...

長いアース線はありますか?

長さ10mのF-127-3 アース線をご用意しております。ただし、F-127-3 アース線には、F-127 アース線のようなアース端子は付属しておりません。ご使用の際にはF-127-1 アース端子セットも一緒にお求めください。圧着スリーブの圧着作業にはP-732 圧着工具を推奨しております。10mよりも長いアース線は、当社ラインナップにはございません。それよりも長いアース線をお求めの場合は、...

F-235 アースラインチェッカーが光った時の接地抵抗値を教えてください

本製品はアースラインの日常点検を目的とした簡易的なチェッカーです。ランプが明るく光っていれば、アースラインは正常と判断できますが、抵抗値に基づいた合否判定の機能はございません。※接地抵抗値の管理が求められる場合は、接地抵抗計による測定が必要ですが、手間がかかるため日常点検に組み込むには非現実的です。 弊社特設サイト「静電気対策の森」では、静電気対策に関する各種ご相談を承っております。 点検方...

アースラインチェッカー F-235 はどのような仕組みで動作しますか?

下記のような仕組みで動作しています。詳細は製品の取扱説明書をご覧ください。TOP > 製品情報【静電気・クリーン対策品】 > F-235https://www.hozan.co.jp/corp/g/g9235/

導電性カラーマット・シート、導電性フロアマットの機能を検証する方法は?

①グラウンド(アース)まで接続されているか②適切な抵抗値にあるか機能はこの2点を検証する必要があります。①アースの接続確認はF-235 アースラインチェッカー で簡易的にご確認いただけます。https://www.hozan.co.jp/catalog/Static_Control/F-235②適切な抵抗値かどうかの確認は特設サイト「静電気対策の森」をご覧ください。静電気対策の森TOP > ...