ホーザン株式会社ロゴ

←FAQの検索ボックスでは 品番や品名 と お調べになりたい単語を加えて検索してください。

2語のキーワードを用いて検索していただければお探しの情報がすぐに見つかります。

検索ボックスの下に表示される候補がより多く出てくるようにキーワードを入力することがコツです。

Q. マイクロスコープで一部にしかピントが合いません(レンズの絞り調整について)。

  


レンズの倍率が高くなるほどピントの合う範囲が狭くなりますが(高低差がある対象物では高い面、もしくは低い面のどちらか一方にしかピントが合わなくなる)、

レンズの絞り調整を行うことで解消する場合がございます。

 レンズの絞り調整を行うと、明るさ解像度にも影響が生じます。観察に適した位置へ微調整を行いましょう。


まず初めに、お使いのレンズが絞り調整機能付きなのかをご確認ください。(絞り調整機能が無い場合は、調整できるものをお選びいただく必要がございます。)


 絞り調整機能があるレンズ一覧

品番 製品画像 品番 製品画像 品番 製品画像
L-600-12
低倍率単焦点レンズ
作動距離100mm-∞


L-600-35
低倍率単焦点レンズ
作動距離250mm-∞


L-870
中倍率ズームレンズ


L-876
高倍率ズームレンズ



 絞りと被写界深度の関係について

被写界深度が浅い
(ピントが合う範囲が狭い)
絞りを開いた状態
(明るくなる)


被写界深度が深い
(ピントが合う範囲が広い)
絞りを絞った状態
(暗くなる)






以下は高低差がある金属部品を観察した場合に、調整による被写界深度の変化を表したものです。(レンズはL-870を使用)

 



解放絞り
(絞りを最も開いた状態)



絞りを絞る





※絞りを絞りすぎるとレンズに取り込まれる光が少なくなり、全体的に画面が暗くなってしまいます。そのため別途照明を使用することをオススメします。

 照明については、こちらをご参照ください。

  

参考になった 参考にならなかった