ホーザン株式会社ロゴ

←FAQの検索ボックスでは 品番や品名 と お調べになりたい単語を加えて検索してください。

2語のキーワードを用いて検索していただければお探しの情報がすぐに見つかります。

検索ボックスの下に表示される候補がより多く出てくるようにキーワードを入力することがコツです。

Q. 圧着工具 P-737 / P-738 / P-77 で圧着する場所を間違えてハンドルが開かない時の解除方法は?

電線・リングスリーブの組み合わせに対応しないダイスで圧着してしまうと、

ハンドルが重くなって最後まで握りこめず、電線・リングスリーブを外せなくなることがありますが、

ハンドルを強く握りこみ、電線とリングスリーブを押し潰すことで、ハンドルを解除することができます。


圧着ミスの例:2.0mmφ × 3本 + リングスリーブ「中」を「小」のダイスで圧着してしまった

 

 画像の電線・リングスリーブの組み合わせでは、本来「中」のダイスで圧着を行いますが、

 この事例では誤って「小」のダイスで圧着してしまい、ハンドルが固まってしまいました。

 このような状態になった場合は、以下の手順をお試しください。


ご注意

 ハンドルの外側方向(開く方向)には絶対に力を加えないでください。

 P-737、P-738、P-77には成形確認機構があり、圧着の途中ではハンドルが解除できない構造になっています。

 本来の動作とは別方向に力を加えると、工具を破損させる恐れがあります。



手順① 工具を逆さまに持ち替え、両手でハンドルの先を握る

 

 ハンドルは工具の中心側よりも先端を握った方が、より力がかかりやすくなります。



手順② ハンドルを両手で強く握り続ける

 

 すぐにハンドルが閉じなくても、強く握り続けてください。

 力を加え続けることで、リングスリーブと電線が徐々に変形するため、ハンドルが閉じていきます。



手順③ 端子をダイスから取り外す

 

 電線が固定されていても、誤ったダイスで圧着したリングスリーブ・電線は使用できません。

 再度、正しい組み合わせで圧着作業を行ってください。


解説動画


 ※本動画は異なるサイズの圧着を推奨する動画ではございません。

 ※異なるサイズの圧着を繰り返し行うと、工具を破損させる恐れがあります。

 ※他の金属部品など、リングスリーブ以外のものを挟んだ場合は、強く握りこむと工具を破損させる恐れがあります。

 ※異なるサイズで圧着したリングスリーブはご使用いただけません。


どうしてもハンドルが開かない場合

 上記手順をお試しいただいてもハンドルが開かない場合は、

 当社へ工具をお送りいただけましたら修理(無償)して返送いたします。

 ※往復送料はお客様負担となります。返送用のレターパックを同封のうえお送りください。

  <送り先> ホーザン株式会社 カスタマーセンター 修理担当 宛

        〒556-0021 大阪府大阪市浪速区幸町1-2-12

        TEL:06-6567-3111


電気工事士試験受験応援サイト

参考になった 参考にならなかった